CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
〜〜〜〜〜〜〜
ブログパーツUL5
〜〜〜〜〜〜
MOBILE
qrcode
| main | 器材レンタル料金 >>
ツアー参加前に必ずお読みください。確認事項
0
    安全潜水手順・・・安全で楽しいダイビングをするために、以下の事を守ってください。
    ・ インストラクターからトレーニングを受け、認定されている事
    ・ ダイビングのために肉体的にも精神的にも良い状況を維持する事
    ・ 水中ではリラックスする。体調の良いときだけダイビングする
    ・ ダイビング前にはアルコール飲料や危険な薬品等の摂取を避ける
    ・ ダイビングのために定期的な健康診断を受ける
    ・ 整備の行き届いた器材を使用し、各ダイビングの前にそれらの器材をチェックする
    ・ 認定されていないダイバーには器材は貸さない
    ・ BCと残圧計を使用する
    ・ 最良の判断と常識をもって毎回のダイビングを計画する
    ・ 緊急時を考慮した、安全性の高い余裕を持ったダイビングを行う
    ・ ダイビングを行う水深や時間の適切な限界を決めておく
    ・ 水面での使用に備えて残圧には余裕をもっておく
    ・ 危険な場所や悪いコンディションを避ける。自分勝手な行動で危険な状況を作らない
    ・ 安全なダイビングを行うために可能な限り自分の浮力を調整する
    ・ 必要な状況が発生したときにはウェイトを捨て、緊急浮上をする
    ・ マスク・レギュレーラークリアを行え、その他の必要な緊急手順がとれるようにする
    ・ 緊急時には<止まり・考え・自分自身をコントロールする>そして行動に移す
    ・ 決して単独ではダイビングをしない。互いの器材の取り扱いを知り、いつもバディダイビングをする
    ・ ハンドシグナルを知り、連絡の取れる状況にいる
    ・ ダイビングの楽しみや安全性を増すために、安全支援システムとしてフロート等を用いる
    ・ 水面で起こりうる危険に備えて、目と足を使いながら浮上する
    ・ スクーバダイビング中、特に、浮上中には息を止めない。絶えず呼吸を行う
    ・ 息ごらえを行うスキンダイビングの際には、過度のハイパーベンチレーションを避ける
    ・ 自分自身の限界を知り、安全性に余裕を持たせる
    ・ 潜降時には圧平衡を行う
    ・ 寒くなったり、疲れたり、怪我をしたり、空気が無くなったり気分が悪くなったりした場合、速やかに海から上がる
    ・ もし異常な兆候が続くようであれば、医師の診断を受ける
    ・ 減圧手順・ダイブテーブル・緊急手順を知っておく
    ・ 全てのダイビングは無減圧で行うか、又はダイビングコンピューターを使用する
    ・ ダイビング後の飛行機搭乗は、可能な限り(24時間を推奨)遅らせる
    ・ 様々な水深で、数日間に渡り繰り返しダイビングを行った場合には特に注意する
    ・ ログブックをつけ、年間最低でも12回はダイビングを行うことが望ましい


    ボートダイビング 安全手順
    ・ ボートダイビングの経験のない方は、スタッフまでその旨をお申し出下さい。
    ・ 船上では、船長・ガイドの注意事項及び指示に従って下さい。
    ・ エントリー・エキジット方法は、ガイドの指示に従って下さい。
    ・ エントリー時には、水面の確認を確実に行って下さい。→万が一、ぶつかると大けがをしてしまう場合があります。
    ・ 船は足場が不安定なので、タンクを背負った状態でむやみに立ち上がらないで下さい。
    ・ 自分のガイドの特徴をよく覚えて、常にガイドを視野に入れながらファンダイビングを楽しんで下さい。
    ・ ガイドを追い越したり、ガイドより深い水深に行かないように注意して下さい。
    ・ ガイドの泳ぐスピードが速い場合や、ビデオ・カメラの撮影で待っていて欲しい時には、ハンドシグナル(両手でT字を作る)等の合図をして下さい。→無理して泳ぐ必要はありません。お客様のペースに合わせます。
    ・ バディシステムを必ず守ってください。
    ・ 中性浮力を保ち、フィンやゲージで水中生物等を傷つけないように注意して下さい。
    ・ 水中でガイドやバディとはぐれてしまったら、水中での捜索は1分以内で切り上げ、水面に浮上後、浮力を確保して待っていて下さい。
    ・ 水中で潮流に逆らって泳ぐ場合は、中層を泳がずにBCの空気を抜いて、海底の岩などをつかみ、軽く引くようにすればスムーズに移動できます。
    ・ 残圧は個人の責任において管理して下さい。残圧100で1度、50でもう1度ガイドに申告して下さい。最低残圧は30とします。
    ・ 急浮上に注意して、毎分9メートルの浮上速度を超えないようにして下さい。
    | 確認事項! | 02:54 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする